読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通勤中の外の景色でつい見つけてしまうもの

おはようございます、ぴーさんです。


通勤中の外の景色でつい見つけてしまうもの。


それは銭湯の煙突。


ぴーさんはお風呂大好きなのでもちろん銭湯も好きです。


がしかし。


ひとりで行ったときにその銭湯の近所に住むと思われる知らないおばさんから洗い方のレクチャーを厳しく指導されて、そのおばさんがお風呂に入っている中、顔を洗いながら、どのタイミングでお風呂入ったらいいのか激しく悩んだ経験あり。そこから、


「こちらは見えてないが(視力悪いので)、誰かはこちらを見ている(かもしれない)!」


という若干の恐怖がありまして、ひとりではいけなくなりました小心者でございます。

ただひとりで行けないだけで、相手がいるときは全然へっちゃら。


だから行きたいなーという羨望の眼差しで見つめてます、煙突。



そいでは、また。