「顔に似合わず」と二度ほど言われました。

おはようございます、ぴーさんです。

 

最近行っている整体の女の先生に先週は落語の話を、今週はライブハウスの話をしたところ、「顔に似合わない趣味をもっているのね」とどちらの話も言われたため「ありがとうございます。」と言ったのですが、この返答は合っているかよくわかりません。

 

ぴーさんの顔に合う趣味とはなんだろう。と自問自答を繰り返す。来週は読書かクラブで攻めてみようと思います。ここで、俳句とかサーフィンとかぶっこめたら面白いのに!!「俳句を少々たしなんでおります、今一句読みますね」とか「いい波ってなかなか来ないんですよね♪♪」とか言ってみたい。

 

ぴーさんはどうやら左右の足の長さが若干違う・足首のねじが緩いらしい。とりあえず歩いて筋肉をつけろと、この間行った靴屋さんにも言われた。

 

屈伸運動。階段上るときには段差に足を半分かけて、あとはつま先らへんの力で段差を上がるとアキレス健伸びるんだって。

 

ヒールの靴履くときはよくやってることがまさかアキレス健伸ばしてるとは。とりあえずアキレス健伸ばすのと、ふとももに筋肉をつけなくていけないようです。

 

製造で働いているので、筋肉はついてるほうかと思っていたけど、やっぱり使わない筋肉は全然使ってないのか。ふむ。

 

そいでは、また。